交通事故が起きた場合の警察、実況見分調書

交通事故はある日突然起きてしまいます。事故を起こした場合は警察、実況見分が行われます。警察の調書が裁判資料や保険金請求時に必要となる書類となっていきます。

では簡単に実況見分の流れを説明します。

  1. 事故原因を事故を起こした当事者から聞き取り調査をします
  2. 実際に事故を起こした場所を警察官と事故を起こした当事者が一緒に確認します。
  3. 警察官が証拠品集めや写真を撮るなどして何が主たる原因となったのかを調査します。
  4. 原因となった可能性が一番高いものや、当事者の運転ミスなのか自動車自体の故障なのかなどの情報をもとにして警察官が調書を作成します。

この流れをもう少し掘り下げてみましょう。

  1. 警察官といえども事故現場を目撃していませんから、まずは当事者の言い分を聞くところから始まります。当事者は大概相手方に原因があると主張しますが、警察官は経験則から矛盾点をあぶりだしていきます。つまり一番の原因となった方の目星をつけます。
  2. 当事者と警察官が事故現場を一緒に確認していきます。これが実況見分です。1で話を聞いた内容に矛盾点がないかなど客観的立場から確認をしていきます。ここまででおおよその事故原因は警察官の頭の中にあります。
  3. 2で判断した内容に根拠を持たせる為に証拠品集めをします。証拠品があることで事故現場を見ていない裁判官や保険調査員も第三者の立場から確認できるので、警察官の主観的印象だけでは信用できない部分もはっきりわかるようになります。
  4. 警察官が最終的な調書を作成して、一連の事故処理は終了します。この調書が裁判官や保険調査員が事故原因や道路交通法等の法律に違反していないか、運転者や被害者の過失割合を決める書類となる重要なものです。

やはり最も大事なことは交通事故を起こさないように、日々安全運転を心がけることです。運転中は全神経を運転することのみに費やすことが必要です。最近では面白いスマートフォンアプリが続々登場していることも相まって運転中に操作をして交通事故を起こしている人がいます。最悪なケースでは巻き添えにあった通行人が死亡する事態になっています。運転者の不注意で事故に巻き込まれて尊い命が奪われることは絶対にあってはなりません。もし、ながらスマホをしている人がいれば直ちにやめてください。自分だけ良い、自分は特別などとは絶対に考えてはいけません。運転者は常に事故を起こすかもしれないと危機意識を持つことが要求されます。