交通事故の慰謝料請求を弁護士に依頼するメリット

交通事故の被害者になった場合は相手方に慰謝料の請求を行うことができますが、その際には弁護士を介入するのが良いと言えます。
メリットはまず保険会社同士の慣れ合いを防止することができます。基本的に加害者側の保険会社はできるだけ少ない負担で済ませたいという思惑があり、また被害者側の保険会社も早く解決をしたいという想いがあります。そして保険会社は営利企業ですからお互いに利害を考える必要があり、時には被害者側としては満足ができない妥協点で決着がつくことがあるのです。さらには被害者自身が慰謝料の相場についての知識がないことも多々ありますので、仮に相場よりも低い金額に決まったとしてもそのことに気付かず、知らない内に損をしていることもあります。
しかし弁護士に入ってもらうことでそうした慣れ合いの交渉をさせないようにできるのです。正当な金額を請求できるようになりますので増額できることがありますし、被害者側としても保険会社に任せるよりも納得の結果を得やすくなります。
心理的な安心感が持てるのもメリットと言えるでしょう。前述したように保険会社同士での交渉ですと被害者は蚊帳の外になってしまうことがありますので、本当に適切な交渉がされているのか不安になってしまうものです。また、相手方と自身のところが同じ保険会社だったりすると余計に勘繰る気持ちも強くなってしまうことでしょう。
そんな時でも弁護士に頼めば第三者の立場での交渉をしてもらうことができますのでそうした不安もなくなり、慰謝料の結果にも納得できる心証になるのです。
法的な主張ができるようになるため、過失割合に関しても正当な結果を出せるというメリットもあります。当事者同士の過失割合によって慰謝料の金額も左右されますので、まずは適切な過失割合を導き出すことが大切です。しかしながら追突事故など過失割合が分かりやすい事故ではない限り、被害者の方にも過失があると判断されることがあります。しかも割合も大きいと判断されてしまい慰謝料もその分少なくなってしまうことがあるのです。
ところが弁護士が介入している場合ですと警察が行った実況見分の資料も考慮した主張をしてもらうこともできますので、正しい過失割合を出してもらうことができます。それによって増額ができるだけでなく、被害者自身も主張の正当性を貫くことができますので、金額だけのメリットだけでなく正しい結果を導き出せるという意義もあるのです。