交通事故の後遺障害・むちうちなどの被害について損害賠償

交通事故によって、後遺障害・むちうちなどが生じることがあります。そのような症状になってしまえば、満足に働けないためその分の収入が減少することになります。回復したとすれば、回復するまでの間に逃した収入を損害として見積もることができますし、回復しない場合はそれについての一生分の損害を相手に対して請求することができます。
ただし、請求するといっても、最初は示談交渉から行うのが普通です。通常は任意保険に入っているので、被害者は保険会社と交渉をすることになります。この示談交渉は、被害者に対して決して配慮がなされているものではありません。保険会社はいわば加害者側の立場ですので、加害について全面的に認めるとは限りませんし、保険金を支払う額が軽い方が会社の利益になるため、できるだけ示談の額を下げようとしてきます。それに加えて、相手はそれを専門としているだけあって法律の知識や交通事故トラブルについての見識があるため、その知識差ゆえに被害者が負けてしまうこともあります。それはつまり、不利な内容の示談金で交渉を終えてしまうという意味です。
これは、弁護士に相談、交渉の代理をしてもらうことによって回避できます。まず、弁護士は裁判になった場合の妥当な支払額を基に交渉をしますので、不利な内容の合意は形成されません。そして、相手に対してきちんと法律や判例を示して見解を主張します。その結果、相手に反論の余地を与えません。そして、弁護士がそういっているということで、一種の権威付けがなされます。素人がそういっても相手にされない場合も、弁護士が言っているということで箔がつくことはあります。そして、相手も不利だとわかれば応じざるを得ませんし、無理に裁判で争っても負けることはわかっているため、早期に被害者が納得できる金額での示談を形成することができます。
仮にそこで示談が成立しなくても、交通事故裁判の中で適切な主張立証を期待することができる結果、勝訴の判決を勝ち取ることが可能となります。それは、自分一人で行っていても勝てなかったもののはずです。そのため、弁護士に相談したり、仕事を依頼したりすることは大きな利益となります。相談費用や着手金、成功報酬は支払う必要がありますが、その支出をしないとそもそも回収がゼロということもあり得ます。それが、出費をすることで確実な勝訴を得ることが可能ならば、払っても利用するだけの価値はあるといえます。