超高齢社会の終活、遺産相続トラブルは弁護士で解決

日本は名実ともに世界一の「超」高齢化社会に突入しています。「終活」ブームもあり、弁護士事務所に寄せられるご相談内容も、遺産相続や遺言の方法など、高齢者からのお悩みが増えてきています。

相続の権利については、ある程度は法律で誰にいくら分割するか定められています。しかし、どこにどのような遺産があり、誰が所有していて、誰にどのような方法でいくら分割するかといった具体的な判断は、個々のご家庭・親族関係などの事情を熟慮しなければなりません。そこには法的な裏付けが不可欠です。相続人がそれぞれ自分の言いたいことを言っていたのでは納得のいく解決にはたどり着けないでしょう。

「親戚が多くて相続でもめている」
「この家は誰のものになるのだろう?」
「自分の財産は誰が相続するのだろう?」
「親の面倒を見てきたのは私なのに、長男に相続された!」

ひとつでもお心当たりがある方は、家族・親族関係に深刻な亀裂が生じないうちに弁護士にご相談ください。