遺産相続裁判事例 遺言書に花押認める異例の判決

遺産相続において遺言書は何よりも重い影響力を持ちますが、それゆえに遺言書の有効性をめぐる遺族間の争いが絶えません。このたび福岡高裁那覇支部が、印の代わりに花押を使った遺言書を有効と認める異例の判決を下しました。

花押とは、中国に起源を発し、豊臣秀吉など歴史上の人物が使ったほか、閣議書の回覧で大臣が使うことがあるそうですが、民法は遺言書の要件として印を求めています。

今回の裁判では、遺言者が生前から花押を使っていたという特殊な事情が考慮されたものであり、やはり原則として遺言書には実印を使うべきだと弁護士は語ります。

遺言書は印だけでなく、署名の仕方や日付の書き方に至るまで事細かなルールがありますので、高齢になって判断能力が低下してから作成したのでは、死後に遺族がその効力をめぐって争う原因となりかねません。

まだ元気なうちに相続問題の取り扱い実績が豊富な弁護士のアドバイスを受けて、「終活」に役立てていただきたいと思います。

またそれと関係あるといえば関係有ることなのですが、相続税増税に伴って節税対策を試みる方の話です。節税対策には色々な方法があり、メリットデメリットがありますが、特に今回は節税対策の中でもマネーを不動産に変えて財産評価額を減らす対策について考えていきましょう。不動産は特にお得であると保険屋さんが営業をしにくることが多いと思います。もちろん不動産屋さんはさらに推してきます。事実でしょうか。嘘でしょうか?

賃貸を経営をするとなると特に経年の劣化でメンテナンス料にいくらかかるんだろうと悩んだり、してはみたものの全部空き部屋でしたとかよく聞く話です。さらには国が耐震性をもっとあげろとせがんできたり実はこれを予想しながら運営しないといけないのですが見落としてしまいます。リスク管理こそ大切なのを覚えておきましょう。賃貸経営をする場合は腕が必要です。物件をもつってことは難しいので、資格の勉強も重要でしょう。しっかりしないと相続税対策にもなんにもなりません。やはり人生は勉強が大事だなと感じます。それはただのマンションもそうですし、色々な新型マンションであっても同じ話です。オーナー自身が不動産経営に関する知識や能力をどこぞで磨き、不動産に強い専門家にサポートしてもらいながら進めることが重要なのかもしれません。住宅の購入とか建築とかそういうことに関しては、さまざまなハードルを超えて初めて効果を期待することができる。これが条件付きの相続税対策である点に注意が必要です。コストはいくらなんだと全体的な像を総合的に考えてから相続税対策を進めていくことをおすすめします