兄弟間の相続トラブルについて

c86ad4c84d0a0d9dcb05ea12ab744a5a_s
相続のトラブルといえばソフトバ◯ク社長やユニ◯ロ社長レベルの超絶お金持ちか軽いリッチマンだけの不安や心配であると思われるかもしれませんが、そういう訳にはいかないんです。家庭裁判所での実際的な話ですが、遺産分割による遺産価格は1000万以下ぐらいの遺産相続で全体の30%、5000万以下になると40%。組み合わせるといくらですか?なんと全体の70パーセント以上の遺産相続戦争が小さな小さなレベルで発生してるのです。つまりは超絶エリート&天才的なエンターテイナーでなくても、トラブルは発生してしまうんですよ、こういうエントリーを読むまでは気づかなかったぜ・・・という人もいるぐらいですから。

昔の話ですがね、両親といっしょにすんでる長男が相続するのが普通でしたよ、大正時代とか、そう戦争があった時代ですね。連合国とか枢軸国とかそんなリアルな話の前の話です。しかし最近では割っちゃうんです。法定相続とおりに割っちゃうんです。以前は家を継いでいる長男が相続して当たり前という風潮がありましたけどね、うちの両親時代とか、今じゃあ金をすっぱり分け合ちゃうのが当たり前になってきています。

そのため少ない遺産をね、ゲットしたいなあとか考えたり、げすい話だなあと思いますかね、まあ人間ですから、けどできるだけげすいのはかんべんして欲しいです。マネーが多い場合にはね、めちゃめちゃここ!ってポイントで専門家に相談をするようにしましょうね。財産が多いから遺産相続問題が起きていると勘違いしてはいけません。ただし小さい規模の場合は、被相続人の死亡後、問題が大炸裂するケースが多いので、被相続人の資産をしっかり理解せず、あれ?なにこれ?ってな資産があったということも普通にありえるのです

遺産相続問題があるまでは兄弟間のトラブルなど皆無だったのに、遺産相続を巡って仲違いをしてしまうという、ケースは非常に多いです(参照:相続弁護士相談カフェ)。特にたてもの、土地、証券など複数あるケースや、一軒家だけの資産などが遺産として残っているときっちりわけれないのでトラブルの原因になることもあるでしょう。

まず兄弟間のトラブルを回避するためには、事前に話合っておくことをおすすめします。相続人で話し合う時には、どんな分割方法があるのかを事前に理解しておくべきです。分割方法は代償分割、現物分割、換価分割など色々な方法がありますので、しっかりと把握しておくことで話し合いがスムーズに行われるようになるでしょう。

連れ子の遺産相続について

大戦よりも前から相続争いはありました。それはいつのことでしょう。

人類の歴史の一番最初の最初、最初に亡くなった方から次の子どもに対してでしょう。

相続に関するトラブルは非常に多いです。ここでは連れ子に相続権をあたえるためにはどうしたらよいか?というAさんからの質問をご紹介しましょう。

Aさんは初婚で、バツイチ連れ子のいる奥様Dさんと先月結婚されました。Dさんの連れ子は10歳であり、その連れ子の親権はDさんが持っています。連れ子とAさんの関係は非常に良好であり、Aさんは自分の本当の子どものようにDさんの連れ子をかわいがっているそうです。

さらにDさんのお腹の中にはAさんとの子供が宿っており、半年後に出産予定とのことです。そこでAさんとしてはDさんとの子供だけではなく、Dさんの連れ子にも平等に相続権を与えたいと考えました。では連れ子が相続権を得るためにはいったいどうすればよいのでしょうか?

連れ子には相続権がない?!

連れ子の場合、Aさんの遺産を相続する権利はありません。相続権は親族間において発生するものであり、Aさんと奥さんが結婚した場合、Aさんと奥さんは配偶者になりますので相続権が発生します。しかしAさんと奥さんの連れ子の間には権利が発生することはないのです。そのため何の手続きもしない状態になるとAさんの遺産を相続できるのは奥さんと、奥さんとAさんのお子さんだけになるのです。

養子縁組を組めばAさんの遺産を相続できる?!

では連れ子がAさんの遺産を相続するためにはいったいどのようにすればよいのでしょうか?それが養子縁組です。養子縁組を組めばAさんと連れ子は親子関係になると法律で認められますのでAさんの遺産を相続することができるのです。

そして次に気になるのが養子縁組を組むと連れ子の実父からの相続権はなくなってしまうのか?ということです。この問題に関しては答えはNOです。連れ子と養子縁組を組んだからといって実父との関係がなくなるということはありません。連れ子は実父の相続人でもありますので、Aさんと実父親の両方から遺産を相続することができるのです。

撃墜させない!相続に備えて、遺言執行者には弁護士を選任しよう

死の話。特攻も戦争もそうですが悲運に見舞われるときは死が訪れます。

「遺言なんてまだ考えたこともない。」
「それより生活を安定させることのほうが大切なんだ。」

壮年期の人ならそう考えるのも無理はないでしょう。しかし高齢になるほど遺産相続の枠組みはほぼ決まってきます。ご両親が健在な場合や、妻と子がいる場合など、残される大切な人たちを相続争いに巻き込まないためには遺言書で遺産の処分に関することや、相続人の未成年後見人の指定など、遺言書で法的効力が発揮されるように書き記しておくことが大切です。

遺言に従って諸手続きを行う人を遺言執行者と言います。
遺言執行者は遺言の内容に従って手続きを行っていく役割を担う人を差しますが、通常は相続人が家庭裁判所に申し立てることで選任します。遺言執行者は通常、弁護士などの専門家が選任されます。

遺言執行者に支払う報酬金は遺産額が多いほど少なくなるように設定されていて、印紙や税務申告にかかる費用や証明書の取り寄せ費用などは実費となります。難しい手続きは相続専門の弁護士にシュミレーションしてもらい相談して解決されることをお勧めします。

相続税が非課税の物もある

日本は税金大国なので、どのような物でも税金が加算されるのですが、戦争中もそうでしたね。ところで遺産相続の際に発生する相続税に関しては非課税になるものも存在しているというのを知っているでしょうか。どのような物が非課税になっているのかというと、葬式や故人を偲ぶような物なのですが、主に、墓石、墓地、仏壇、仏具、神棚、葬式の時にもらう香典などは非課税になっています。

遺産相続をする時には高い確率で弁護士に依頼するので、弁護士を呼んだ時に、どのような物が非課税なのかをしっかりと聞いておきましょう。弁護士であれば法律を熟知しているので、このぐらいの質問には即座に答えられて当然です。

他にも相続税が免除になる物がいくつかあるのですが、国や公益法人、地方自治体などに寄付した財産などは非課税になるものの、かなり曖昧になっているような物もありますし、弔慰金なども非課税の対象なので、やはり自分でこれは非課税だと判断するのは止めておくべきでしょう。非課税だと思っていたのに、実は課税されていて後から申告漏れを指摘されると大変なので、必ず弁護士に聞いてみましょう。空中で撃墜させない、アライドフォースと枢軸の戦いに終結を。

超高齢社会の終活、遺産相続トラブルは弁護士で解決

日本は名実ともに世界一の「超」高齢化社会に突入しています。「終活」ブームもあり、弁護士事務所に寄せられるご相談内容も、遺産相続や遺言の方法など、高齢者からのお悩みが増えてきています。

相続の権利については、ある程度は法律で誰にいくら分割するか定められています。しかし、どこにどのような遺産があり、誰が所有していて、誰にどのような方法でいくら分割するかといった具体的な判断は、個々のご家庭・親族関係などの事情を熟慮しなければなりません。そこには法的な裏付けが不可欠です。相続人がそれぞれ自分の言いたいことを言っていたのでは納得のいく解決にはたどり着けないでしょう。

「親戚が多くて相続でもめている」
「この家は誰のものになるのだろう?」
「自分の財産は誰が相続するのだろう?」
「親の面倒を見てきたのは私なのに、長男に相続された!」

ひとつでもお心当たりがある方は、家族・親族関係に深刻な亀裂が生じないうちに弁護士にご相談ください。

遺産相続裁判事例 遺言書に花押認める異例の判決

遺産相続において遺言書は何よりも重い影響力を持ちますが、それゆえに遺言書の有効性をめぐる遺族間の争いが絶えません。このたび福岡高裁那覇支部が、印の代わりに花押を使った遺言書を有効と認める異例の判決を下しました。

花押とは、中国に起源を発し、豊臣秀吉など歴史上の人物が使ったほか、閣議書の回覧で大臣が使うことがあるそうですが、民法は遺言書の要件として印を求めています。

今回の裁判では、遺言者が生前から花押を使っていたという特殊な事情が考慮されたものであり、やはり原則として遺言書には実印を使うべきだと弁護士は語ります。

遺言書は印だけでなく、署名の仕方や日付の書き方に至るまで事細かなルールがありますので、高齢になって判断能力が低下してから作成したのでは、死後に遺族がその効力をめぐって争う原因となりかねません。

まだ元気なうちに相続問題の取り扱い実績が豊富な弁護士のアドバイスを受けて、「終活」に役立てていただきたいと思います。

またそれと関係あるといえば関係有ることなのですが、相続税増税に伴って節税対策を試みる方の話です。節税対策には色々な方法があり、メリットデメリットがありますが、特に今回は節税対策の中でもマネーを不動産に変えて財産評価額を減らす対策について考えていきましょう。不動産は特にお得であると保険屋さんが営業をしにくることが多いと思います。もちろん不動産屋さんはさらに推してきます。事実でしょうか。嘘でしょうか?

賃貸を経営をするとなると特に経年の劣化でメンテナンス料にいくらかかるんだろうと悩んだり、してはみたものの全部空き部屋でしたとかよく聞く話です。さらには国が耐震性をもっとあげろとせがんできたり実はこれを予想しながら運営しないといけないのですが見落としてしまいます。リスク管理こそ大切なのを覚えておきましょう。賃貸経営をする場合は腕が必要です。物件をもつってことは難しいので、資格の勉強も重要でしょう。しっかりしないと相続税対策にもなんにもなりません。やはり人生は勉強が大事だなと感じます。それはただのマンションもそうですし、色々な新型マンションであっても同じ話です。オーナー自身が不動産経営に関する知識や能力をどこぞで磨き、不動産に強い専門家にサポートしてもらいながら進めることが重要なのかもしれません。住宅の購入とか建築とかそういうことに関しては、さまざまなハードルを超えて初めて効果を期待することができる。これが条件付きの相続税対策である点に注意が必要です。コストはいくらなんだと全体的な像を総合的に考えてから相続税対策を進めていくことをおすすめします

遺産相続|相続人を調べる3つのステップ

どなたかが道端にいる際に突然心臓発作で逝去されました。そのどなたというのがもしも自分の親族でしたら・・。私たちはとりあえずは相続の資格を持った人間が誰かを把握しようとするはずです。しかし、相続人が先に死亡していることがあったりします。人生いろいろ、家族もいろいろですから。また離婚や再婚歴があったりすると、後ろ指を刺されたりしますが、相続においてもグチャグチャ状態になりやすい原因の1つです。地元を離れて疎遠になっている親族がいる場合はさらにグチャグチャ状態になります。そんな際に、弁護士に依頼するとどうなるでしょう

相続人の調査は大きく分けて次の3ステップで行います。まず1ステップ目。被相続人(亡くなった方)の本籍地はどこでしょうか。と弁護士に聞かれてその市町村役場でしっかり働く1人の公務員に声をかけ、案内してもらって、紙のようなものを機械から出して待ちます。そうすると戸籍謄本の交付申請ができます。また交付してもらうのは亡くなった人が薄暗い部屋の中ではなく明るい照明の元、大きな産声をあげみんなに祝福され、生まれてよかったと声をかけられた時から、心臓がとまりお墓の中に入るまでの、全ての戸籍謄本、除籍、改正・原戸籍です。そして2つ目のステップとして謄本には以前にどこの戸籍から結婚してきたか、例えば東北の有名な資産家からのご入籍がありましただとかが記載されておりますので、どんどんタイムマシーンのように遡って行くわけです。そして3つめですが。その履歴の情報を時系列に並べます。パソコンの閲覧履歴でしたらソート等ができますが、ここで上がってくる人が候補だなと確認できるわけです。しかしその情報はほんとに真理といえるのか。道理がないじゃないか。と難癖つける方もおられますのでそういう際に弁護士が役に立つのです。

誰が誰だか分からない家系、恐ろしく難解な家系図を見るといやになりますが、意外に多く、そういう際に代襲相続というのもの起こりやすいです。これは専門用語的で聞いたことがない人も多いかもしれません。人が死ぬとみんなが泣き悲しみ、たまに天に昇られたのだと喜びの声もあったりしますが、その後には必ずついてくる課題があります。それが先ほどから説明している遺産相続というものなのです。このときに誰が相続人になるのかは勝手に決めるわけではなく国がむかしむかしから決めていて、この歴史を学びたい方は法学を学んでみてください。とにかく法律で定められているのです。まず被相続人の伴侶は相続人になることはわかると思います。さすがに結婚相手が相続できませんとなると国としておかしいし、その代わりに政治家のふところにはいるとそれこそ第三次「世界相続戦争」の幕開けです。また配偶者以外で相続人になれるのは子供ですね。子供がもらえないならもう悲しくて悲しくて。あとは直系尊属と兄弟姉妹です。直径存続の詳しい定義は省きますが、とにかくこの方々は同時に相続人になるわけではなく、子供がいない場合は直系尊属に、子供もいない、直系尊属もいないとなると、兄弟姉妹(変な人が多いといいますがいい兄弟もいます)が相続人になるのです。直系尊属とは両親、祖父母のことです。細かい話は省略しますが、両親と祖父母が生存している時には両親だけ相続人として認められるのです。

では代襲相続とはいったいどのような相続方法なのでしょう。例えば相続開始前に死亡したときは、孫が代襲相続することになります。また相続人の欠格事由、変なことをしたとか、そういうことがある場合も代襲相続が認められることが多いです。たとえば故意に被相続人を死亡させて、刑事事件として処分された方だとか、詐欺をして騙して、脅迫によって脅したものです。被相続人が相続に関する遺言をして何か妨げた者、遺言書を偽造した男などは相続人として認められないのです。そういうことはやめましょう。